/探す つなふれ第一法則
【更新履歴・お知らせなど】

・当ブログはリンクフリーです
・コメント欄に「http」・「www」を入れるとコメントできないかもです

●連絡先
  aoiduki_lari@yahoo.co.jp
@⇒@
●ブログ内検索
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバース エクセキューショナーズ
 前回の記事で、Lv.120の剣を作るなら両手剣を作りますよー的な素振りを見せたものの、結局片手剣を製作しました。

座右の銘は有言不実行なのかもしれません。

 製作の経緯はといいますと、古河さんが盾の強化に成功し、使い古しを安価で譲っていただけるそうなのでお言葉に甘えました。
(安価とはいえ、300,000,000メルの出費。リバース エクセキューショナーズ製作と強化書費用に100,000,000メルの出資。残金で生活していけるかしら……)




 葵月ハルではメーカーを取得してないので、葵月ツナで一旦作成しました。

装備の移動なりを、立ち会わせた古河さんに依頼したのだけども



 ほら、武器の能力を確認する時って少し気分が高揚するじゃないですか。

それを極限まで楽しんでいたくて、上の画像の時もまだ能力は確認していません。

古河さんにも、能力だけは絶対に言わないでくれと釘を刺しておきました。(五寸釘を5~6本)

 別にそこまで気にする事でもないのですけどねぇ……。

簡単な試験の合格発表みたいな。

 しかしながら、能力を見るなと言ったわけではございませんし、古河さんは能力を私が見る前に確認することができます。

その確認した瞬間の反応がコレな訳ですが……なんか見るのが怖くなりました。


そんなに悪いんですか……?

(格好にツッコミを入れるのは野暮なので遠慮いたしましょう)


 事の真相だけを知りたくて恐る恐る質問してみました。

葵月「そんなに悪いの?」

古河「むしろ交換してほしい!」





 ……



 あれ?

 攻撃力+130以上のリバース エクセキューショナーズを持ってる古河さんが羨ましがるということは、物凄い高能力を製作してしまったんですね。私。

前回のリバース アルシュピスといい、最近調子が良いらしいです。





 機が熟し、意気揚々と能力を確認してみると古河さんの言いたいが分かりました。

というか二人とも「え」しか発してないじゃないか……。

こりゃ叫ぶのも無理はない。




 だって、期待はずれだったんだもの。

ええ、まんまと騙されました。

お望みなら交換してあげましょうか……? Please give me your sword.



 標準の能力に中級ダイヤモンド効果が付加されただけでした。

強化も、平均的な結果に終わりなんとも言いがたい結果に終了。

それでも、砕骨刀の攻撃力は超えたので悔しくなんてないです。くすん。

斜め上のモンスターマグネット
 サバさんのお手伝いもありまして、デンデンペースながらも

時間の神殿を攻略中です。

 現在、後悔の道3にようやく到着したところです。

早くも、飽きはじめてきたし、忘却の道までたどり着くのはいつになることやら。

 モチベーションを維持するためにもLv.120武器を作りたい気も少々。

作るとしたらどっちを作ろうかなぁ……。

 性能的には両手剣・片手剣のどちらを選択しても
現状(砕骨刀 攻撃力+111)を超えるのは明らかだけども

少々悩んでおります。

仮に片手剣を選んだら盾も強化しないといけないから、やはり両手剣でしょうか。

攻撃速度は一段階遅くなるものの、攻撃力+10~+15は見込めらるのでall right。

 あとは時間の欠片を40個と強化宝石とその他の材料を集めて……。

ああ、先が長い……考えただけでやる気が下がる。







 紆余曲折ありつつも、Lv.144になりました。

スキルポイントはモンスターマグネットに全部つぎ込んで

ようやくLv.12になりました。

 Lv.12……といえばアレです、アレ。

有効範囲が1.5倍になり、巻き込める数も最大3体から4体に増加。


すなわち、モンスターマグネットの能力が飛躍的でもないけど向上しまして。




 目測だとスラッシャー・ラッシュLv.30より若干長い程度?

とりあえず、目標が高低差の少ない画面中にいるならば吸い寄せ可能みたいです。



 今までは普通にブランディッシュ+α程度のリーチしかなかったため

言ってしまえばネタスキル以外の何でもなかったモンスターマグネットも

ようやく使えるようになってきたかな? という感じです。

 それに、範囲内に最大巻き込み数以上の敵がいる場合は

遠方を優先して引き寄せるらしく、ラッシュと組み合わせると

容易に数体の敵塊を目の前に作れます。

 アクティブ状態になってしまっても、コマを打っておけば数秒ほど静かになりますし。

集めすぎてコマじゃ対応できない! ってなってもシャウトがあるじゃない。ヒーロー。
(大抵はブランディッシュ->コマ->ブランディッシュで対応できるけど)


 まだ成功率は六割ちょっとなので、MISSも結構目立ちます。

この程度なら、正直ラッシュLv.30のが有用です。

090523b.jpg

 ラッシュと肩を並べられるようになるのは、Lv.21以上かしら。

範囲が更に伸びたり、成功率が上昇したりで。

 モンスターマグネットで吸い寄せるのも
 ラッシュで突き飛ばすのも自由自在かぁ……。

うーん、そう考えるとなんだか楽しそう。

時間の神殿-HERO編-
 単刀直入に申しますと、ダークナイト倦怠期です。

それゆえに最近はヒーローでの活動がメインになっています。

 と、いうのもモンスターマグネットをLv.30にすることが今の目標なので

ダークナイトよりかヒーローのが容易に目標達成できるかなぁ……と。

 ダークナイトは目標達成まで経験値二十数億が必要なため

どうしても、時間がかかりすぎてしまいまして。


それならヒーローで手っ取り早くあげればいいや。


お馴染み、楽なほうを選ぶパターン。

 ちなみに必要経験値はダークナイトの1/3未満でございます。

時間の神殿は何気に高効率を狙えるし、あんがい早く達成できるかな。


忘却の道3 Lv.168ダークナイト Exp.21,000,000/h
忘却の道2 Lv.168ダークナイト Exp.20.200,000/h

復活する記憶 Lv.168ダークナイト Exp.21,000,000/h
難破船の墓 Lv.168ダークナイト Exp.19,000,000/h

深淵海峡2 Lv.168ダークナイト Exp.17,000,000/h
(計算、大幅に間違えてたため修正09.05.23)


 ヒーローなら、多少レベルが低くとも近似値は叩き出せるでしょう。

むしろ、パワーガードがある分、突っ込みながら狩れるから楽。


 それはさておき、たまには日本語のアンビグラムでもどうですか。

前回のリバース アルシュピスより全然読みやすい。
(最初の一文字が若干、アレかも)








 そんなこんなで再び、思い出の道からのスタート。

さすがに二回も最初から手伝ってもらうのも悪いだろうからソロで頑張ってみたり。


しかし、時間がかかりすぎて早くも挫折しそうです。

どうせなら前回手伝った時、ヒーローでやれば良かったかも。




 数時間かけつつも、ようやく思い出の守護隊長まで到達しました。

もっとサクサク終わると思ったのになぁ。ヒーローだし。

 それにしても、相変わらずブランディッシュの性能に嫉妬。

ダメージは勿論、やっぱり速度が……ねぇ。



 余談だけども、ラッシュLv.1の間合いが分からなくて空振り連発。

ラッシュのレベルも、余裕があれば上げてみたいです。

姫と槍と呪われた書
 読者様の希望もへったくれもないけど、つなふれアンビグラム第二弾。

前回とは違う形式のミラー型でどうぞ。(ようするに左右対称)



 ……読めるかな?

私は無理です。製作者補正で読めてしまうのは仕方ないとして。








 正解は、リバース アルシュピス(REVERSE AHLSPIESS)でした。

一発で分かった人は良いことありますよ。きっと。


 ところで、アルシュピスってドイツ語なんですね。
(どうりで英語の辞典にでてないわけだ……)

おまけに、発音的には「アールシェピース」または「アルシェピース」が適当。

他のオンラインゲームにも「AHLSPIESS」は存在するものの、やっぱり「アルシェピース」のが主流らしい。


 まぁ、「アルシュピス」のほうが発音しやすい気がします。

「リバース アルシェピース」だと、なんか長音が鬱陶しい。

若干、雰囲気がレディースアンドジェントルマンに似てる。




 発音はともかく、ひめ様から時間の欠片を15個いただきました。お値段は驚きの0メル。

いくら相場が安くなったとはいえ、1個あたり1,500,000メル~1,800,000メルはいたしますのに、ありがとうです。




なんか適当なお礼を考えておきますので、覚悟しておいてくださいな。




 そんなこんなで挑戦しちゃいます。リバース アルシュピス二本目に。

強化宝石は中級黒水晶・中級クリスタル(力)・中級ダイヤモンドの定石パターン。

略して強化定石という。……たぶん。


 前回は上級黒水晶が干渉してしまい、アレな結果だったから

今回は±0くらいでも、さしずめ攻撃力+114ができれば十分だろう。



とか思ってたら、なんかえらい事になってしまいまして。





 普通に100%の書を7枚貼っても成長するから現状越えは容易いのねぇ……。

60%の書を貼って無難に4枚貼りついたとしても攻撃力+130は射程圏内かぁ。

うまくいけば攻撃力+135は狙えるかも。


へぇ、こりゃ強いや。


 なので、暗闇の住人さんがいたら返してください。




 私が攻撃力+120を作れた時点で運を使い果たすのは当然だったな……


と冷静に反省。


時間の欠片が溜まったら、リベンジしてみます。

Copyright © つなふれ第二法則. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。